日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
ちょっと前の「あきらめてた自分」が怖くてしょうがないです。

 

キャッシング・ローン比較情報

ローン比較情報・ローンカード利用するときの注意点

サラ金カードと同様、使いすぎ・借りすぎに注意をして無理のない返済計画を立てて利用すること。
消費者金融(サラ金)は遅延損害金による収入を目当てに、数日の遅延なら見逃す会社が多々あるが、信販やクレジットカード会社によるものは、1日の遅延でも新規貸出を停止にし、債権回収される(契約書面に記載)ケースもある為、返済日には充分な時間・金銭的余裕を持つ事。(銀行口座からの自動引落の場合には、口座の残高に注意のこと。)
有担保型(任意に不動産などの抵当権をつけて契約するものと)のカードローンは、収入など利用者の属性を考慮せず、抵当物件の評価額に応じて貸付枠を設定する業者も有る為、無担保型より高額な貸付枠で低利に利用できるが、延滞などの貸倒が生じた場合、抵当で債権回収されるため、返済にはより充分に注意されたい。
| コメント(0) | TB(0) | キャッシング・ローン比較情報

キャッシング・ローン比較情報

ローン比較情報・ローンカード最近の傾向

2006年度に入ってから、グレーゾーン金利撤廃問題や消費者金融専業会社による違法な取り立てがクローズアップされ、特にグレーゾーン金利の範囲でクレジットカード付帯のキャッシングローンカードで貸出(融資)を行っている(殆どの)クレジットカード会社で、利息制限法の上限金利までに引き下げを行った場合、クレジットカードのショッピング取扱より融資の利息収入によって利益の大半が賄われている会社の殆どが減収となる事が予想されている。

既存のグレーゾーン金利で貸出を行うのは一定の貸倒リスクを織り込むの関係している点から、各社から新型のローンカードが続々登場している。
これは与信の厳正・適格化を行い、契約者(貸り手)の職業や年収などをスコアリング(点数化)し、信用度が高く貸倒リスクが低い者には利息制限法に収まる貸出金利(年7%台~)で200~300万円の融資枠で発行する一方、信用度が劣る者にはグレーゾーン金利で50万円〜100万円程度の融資枠で契約・発行するものである。

既に銀行系消費者金融各社やオリックス・クレジットなどで利息制限法の範囲内で貸出を行うサラ金カードが多数有るが、この新しいローンカードクレジットカード会社が通常のクレジットカードと同じく審査や与信管理を行っており、消費者金融会社が絡まないので、同じ貸し手でもサラ金に抵抗の有る(生活に余裕の有る)者をターゲットの一つとしている。状況によるものの、それら消費者金融からの借り換え・一本化用途として扱っても構わないなどの柔軟性もある。

ただし、与信ノウハウ(人物パターンなど)を豊富に持っていない発行会社では、消費者金融会社と提携し、各種ノウハウの提供を受けている。一例として「JCB firstloan+」はクレディアから与信ノウハウの提供を受けている
また、消費者金融の借入情報などを参照するため、新たに全情連に加盟するクレジットカード会社も有るので、申込み時に規約などを確認すると良い。
| コメント(0) | TB(3) | キャッシング・ローン比較情報

キャッシング・ローン比較情報

ローン比較情報・主なローンカード

この項では便宜上、消費者金融が発行するローンカードは除いた。

MY BEST・UFJ NICOS MY BEST Biz-UFJニコス
CREST(クレスト)-オリエントコーポレーション 
α倶楽部カード 等-アプラス
SAISON CARD LOAN-クレディセゾン
FOR LIFE -オーエムシーカード
楽天MONEYカード -楽天KC
JCB firstloan+ -ジェーシービー
これらの商品はアフィリエイトでよく宣伝している。
| コメント(0) | TB(0) | キャッシング・ローン比較情報

キャッシング・ローン比較情報

ローン比較情報・ローンカードとは

日本の信販会社・クレジットカード会社が発行するもの
ローンカードは、主に信販会社とクレジットカード (日本)会社が発行する現金の借り入れ(融資)専用のカードのことを言う。商品名を「カードローン」にしている会社も有る。
| コメント(0) | TB(0) | キャッシング・ローン比較情報

キャッシング・ローン比較情報

ローン比較情報・カードローンを利用するときの注意点

サラ金カードと同様、使いすぎ、借りすぎに注意をして無理のない返済計画を立てて利用すること。
消費者金融は遅延損害金による収入を目当てに数日の遅延なら見逃す会社が多々あるが、カードローンでは1日の遅延でも新規貸出を停止にし債権回収する(契約書面に記載)のが一般的である為、返済日には充分な時間・金銭的余裕を持つ事。
有担保型は、収入など利用者の属性を考慮せず、抵当物件の評価額に応じて貸付枠を設定する金融機関も有る為、無担保型より高額な貸付枠と長期プライムレートに連動する低利な金利で利用できるが、延滞などの貸倒が生じた場合抵当で債権回収されるため、返済計画にはより充分に注意されたい。
万一カードが変造などで不正利用された場合、キャッシュカードと同様の補償規定の適用可否を確認する必要がある。また、カードや暗証番号の管理には日頃から充分気をつけたい。
| コメント(1) | TB(0) | キャッシング・ローン比較情報

キャッシング・ローン比較情報

ローン比較情報・主なカードローン

みずほカードローン/みずほオリコカードローン-みずほ銀行
保証会社:オリエントコーポレーション

マイカード-三菱東京UFJ銀行(旧東京三菱銀行店)
保証会社:ディーシーカード

カードローン(予約型)/UFJカードローン-三菱東京UFJ銀行(旧UFJ銀行店)
保証会社:三菱UFJ住宅ローン保証

カードローン(即日型)/UFJモビット-三菱東京UFJ銀行(旧UFJ銀行店)
保証会社:モビット

One'sクイック・カードローン 等-三井住友銀行
保証会社:三井住友カード 等

三井住友銀行カードローン-三井住友銀行
保証会社:プロミス

りそなカードローン 等-りそな銀行・埼玉りそな銀行
保証会社:りそなカード 等

マイプラン-労働金庫
カードローン-ソニー銀行
保証会社:ソニーファイナンスインターナショナル

JNBカードローン-ジャパンネット銀行
保証会社:アットローン
「カードローン」-各金融機関
| コメント(0) | TB(0) | キャッシング・ローン比較情報

キャッシング・ローン比較情報

ローン比較情報・カードローンのデメリット

カードローンが変動金利制であれば、定期的に金利見直しをするため金利上昇リスクがある。
無担保型の場合、定職に就いていない者(フリーター・無職など)で取引金融機関に相当の定期預金等の取引が無いと、信用上発行が難しいとされる。ただ、消費者金融が保証するカードローンでは審査次第によるため近年は緩和されている。
リモートバンキング上でカードローン口座の取引明細が確認出来ない場合、郵送される明細書のみしか確認出来ない。
保証会社が消費者金融となっている場合、カードローンを延滞して保証先が金融機関へ代位弁済した場合、その消費者金融から直接借りて延滞したものと同等の取り立てに遭う可能性が高い。

貸し手の金融機関は債務不履行となっても損失が軽微である点から地方銀行・第二地方銀行・信用金庫を中心に消費者金融会社が保証するカードローンが2000年前後に多く登場している。アイフル(ライフ)・アコム・三洋信販・モビットによる保証が比較的多い。また、アイフルが2006年4月に業務停止処分を受ける事が発表されると、同社が保証する融資商品の取り扱いを一定期間見合わせたり、新規申込の中止(保証会社を変更するなど商品改定)する金融機関が幾つも現れた。
| コメント(0) | TB(0) | キャッシング・ローン比較情報

キャッシング・ローン比較情報

ローン比較情報・カードローンの主な利点

貸出利率が消費者金融よりも低利であるものが殆どである。
勤務先によっては職域でメインバンクの総合口座とカードローンを持たされる事があり、通常のカードローンより低利であることが有る。
使途が自由で有るものが多い。(投機性資金や事業資金用途での利用を禁止している所もある。)
自金融機関の他、MICS等の提携金融機関のATMでも借入が可能で有ったり、ATMやリモートバンキング(インターネットバンキングなど)を用いてカードローン口座から直接、別口座へ振替や振込を行うことが出来る所もある。
金融機関によっては、カードローン返済に指定した普通預金口座が収納代行の引落で残高不足となった場合、総合口座定期預金と同様にカードローン利用可能額の範囲で自動的に立て替える当座貸越/バックアップ機能が付帯される。
金融機関によっては、カードローン利用によって金融機関の優遇サービスの得点加算対象となる。
| コメント(0) | TB(0) | キャッシング・ローン比較情報

キャッシング・ローン比較情報

ローン比較情報・カードローンの概要

銀行・信用金庫等の預金取扱金融機関が発行するカードローンは貸出枠を設定し、当座貸越専用(カードローン)口座として貸出限度まで繰り返し1円単位で借入が出来る。金融機関によるが、総合口座キャッシュカードと一体型したのものと、キャッシュカードと分離しているものがある。

商品として個人向けには、担保・保証人が不要の無担保型と、不動産の抵当権などを保証会社へ差し入れたり住宅ローン借入中の者にその抵当権を活用し、別に貸付枠をつけて発行する有担保型が有り、この他金融機関によっては個人事業者向けに発行するカードローンもある。

無担保型の場合は系列の信用保証会社・保証協会またはクレジットカード会社や信販会社・消費者金融会社が、有担保型で不動産の場合は住宅ローンと同様に、系列の信用保証会社・保証協会の抵当権を設定の上信用保証を行い、金融機関から直接融資を受ける形態となる。

返済方法は殆どでローンカードやサラ金カード同様リボルビング方式(元金定額/残高スライドなどの方式が有る)で完済(借入残高が0円)となるまで、毎月の約定返済日に口座自動振替で返済していく形となるが、資金に余裕が有ればATMで直接カードローン口座へ入金したり、リモートバンキングで自名義の普通預金等から振替する事も可能である。

万一延滞や貸倒が発生した場合は債権を信用保証先が代位弁済し、債務者へ債権回収をする事となる。
| コメント(0) | TB(0) | キャッシング・ローン比較情報

キャッシング・ローン比較情報

ローン比較情報・カードローンとは

日本の銀行など預金取扱金融機関が発行するもの
カードローン(Card Loan)は、あらかじめ契約した貸出枠の範囲で磁気カードを用いて現金をCD・ATMを通じて貸し出す融資商品。カードを使わず振込によって融資を受けられるタイプも有る。
| コメント(0) | TB(0) | キャッシング・ローン比較情報

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。